ノンメタル治療・入れ歯(義歯) | 米子市のアーニスト歯科クリニック|ノンメタル治療・歯周病治療・顎関節症・根管治療・予防歯科・矯正歯科

ノンメタル治療・入れ歯(義歯)

ノンメタル治療とは

ノンメタル治療とは

ノンメタル治療とは、歯の欠損部に金属の詰めものを使用するのではなく、体に優しい素材を使用することによって、お口の中の金属が原因で起こっているアレルギー等の症状を改善していく治療です。

アーニスト歯科クリニックでは体に優しい材料を世界中から集めて使用します
ノンメタルのものであっても、溶け出さない、溶け出しにくい素材を選んで使用しております。

ノンメタル治療は何故必要なのでしょう?

口の中の金属は飲食物の出入りがあるので、口腔内の状態が一定ではなく、体内にものを取り込むところなので金属アレルギー等の弊害が全くないとは言えません。
自分の歯と同じものは無理であっても、体に優しいノンメタル素材で自分の体を内側から大切にしましょう。

当院のノンメタル治療

体に優しい当院オリジナルの「ハイブリッドレジン」を使用

ハイブリットレジンは、セラミックよりも柔らかく、対合歯と調和しやすい素材です。硬すぎず、粘り強さを併せ持っているので、食いしばりや歯ぎしりがある方にお薦めしています。
ハイブリットレジンの場合、型取りから得られた模型をもとに補綴物を作成しますが、メーカー推奨の作り方だと内分泌かく乱物質が発生する可能性があります。当院では、独自の方法で作成し、レヨメータデジタルで診査してから装着しますので、ご安心ください。

口腔内金属の危険性

金属アレルギー

口腔内の金属が、唾液中に溶け出すことによって起こります。
口腔内は唾液によって伝導性が高まっており、溶け出した金属イオンは唾液中のタンパク質と結合して抗原性をもつようになり、アレルギー現象を引き起こします。
皮膚の弱いところ、手や足、顔などに湿疹、かぶれなどの症状を引き起します。

重金属による害

以前、歯科で使われていたアマルガムという金属は強い毒性があります。
アマルガムは、半分が水銀で、その他、銀、スズ等が入っています。
水銀は神経毒性が非常に強いので大変危険な金属です。感覚異常、イライラ、頭痛、アレルギー等様々な原因不明症状を引き起こします。

ガルバニック電流

聞きなれない言葉ですが、日常で銀紙や金属製のスプーンを噛むとピリッとすることがあるのがガルバニック電流です。
口腔内は唾液によって伝導性が高まっており、口腔内の金属でこのようなことが起こります。
この状態を食事等で毎日繰り返すことで、金属イオンが体内に蓄積されていきます。
また、脳からの体への信号がこの電流の影響を受けて原因不明の体の疲れ、イライラといった神経症状を起こすこともあります。

ページトップへ